メガネを作る際の注意点

職場環境をよく理解しよう

業務中に使用するメガネを作るときは、日常生活用のメガネとは違う注意点があります。フレームの設計や色よりも、職場環境に合った度数を重視するようにしましょう。具体的には、車両の運転とパソコンを使用した事務仕事では推奨される度数が異なります。車両を運転する時間が長い仕事の場合、法律の定めに従った視力を出せるメガネでなければ正常な運転ができないおそれがあります。パソコンなどによる事務的作業が多い仕事の場合は、車両の運転に要求されるほどの視力はなくてもかまいません。裸眼視力とのバランスに影響を受けますが、パソコン作業であれば少し弱めの度数のほうが目の疲れを抑えられる可能性があります。仕事内容に合ったメガネを作成することが基本です。

メガネ店のスタッフや眼科医に要望を伝えよう

自分がどのような目的でメガネを使うのか理解したら、具体的なメガネ作成に移ります。職場環境の情報は視力検査で活用されるので、メガネ店のスタッフや眼科医にしっかりと伝えましょう。より正確に視力測定をしたいなら、メガネ店よりも眼科で計測してもらうのがよいかもしれません。使用目的に合った視力が出せそうか、医師がチェックしてくれるからです。メガネ作成用に眼科で視力測定を行うと、処方箋を作成してくれます。その処方箋を持ってメガネ店に行けば、あとはフレームとレンズを選ぶだけなのでスピーディーに購入手続きができます。メガネの作成ではフィッティングも大切です。購入後、仕事中にメガネが頻繁にずれてくるときは、フィッティングの調整を購入店に依頼しましょう。